レディー

ビル経営を成功させよう|不動産情報サイト活用する

不動産投資を検討中の方へ

部屋

賃貸経営のひとつの方法

不動産投資として、賃貸住宅の一括借り上げという方法があります。まず、一括借り上げというシステムについて知っておきましょう。アパートを建てて賃貸住宅のオーナーになる場合、最も大きなリスクが空室リスクです。空室の場合は、家賃収入がまったく入ってこないために、アパートを建てた時の借入金の返済が滞る可能性があります。また、借入が無い場合であっても、想定する収入に届かない場合は賃貸経営として赤字になってしまいます。一括借り上げでは、家賃保証によってこの空室リスクを回避することができるのです。しかし、100%リスクを回避できる訳ではありませんので注意が必要です。家賃保証の内容は契約先によって様々ですので、しっかりと確認しましょう。

どの様な保証があるか

一般的には、30年程度の期間を定めて、建築したアパートを一括して借り上げるケースが多いようです。この場合、例えば20部屋のアパートを建てた場合、業者がこの20部屋全てを借りることになります。入居者にはこの業者から賃貸する仕組みです。そして、この20部屋に対して家賃保証をしてくれるのです。ここで気を付けたいのが、家賃保証の内容です。入居者がいない場合は、おおむね家賃の80%程度を保証してくれるケースが多いようです。これにより、20部屋のうちの数部屋が空室の場合であっても、収支バランスをプラスにできる可能性が高まります。この様に、一括借り上げは不動産投資を初めて経験される方でも取り組みやすい仕組みとなっているのです。