レディー

ビル経営を成功させよう|不動産情報サイト活用する

借入期間にこだわろう

建物

違いを理解しよう

マンション投資をするにあたって気を付けるべきことはキャッシュフローです。キャッシュフローの次に利益が重要になってきます。キャッシュフローと利益は何が違うのか、と疑問に思っている人も少なからずいます。マンション投資において、キャッシュフローとは家賃収入からマンション投資にかかった経費と借入金などの負債の減少分を差し引いたものをいいます。利益を計算する際には家賃収入から経費を差し引くのみです。つまり、負債の減少分という項目がある点が、キャッシュフローと利益の大きな違いとなるわけです。マンション投資でキャッシュフローをよくするためには、借入金の毎月返済分をできるだけ小さくするようにすることが早道です。

できるだけ長くしよう

毎月の返済分を小さくするためには、借入期間をできるだけ長くすればよいのです。マンション投資を行う際には、一般的に、購入予定物件の法定耐用年数を限度としてしか、ローンを組むことができません。しかし、最近では法定耐用年数を超えて、借入期間を設定してくれる金融機関も現れてきています。もちろん、これはマンションの管理状態や立地が大きく影響します。しかし、法定耐用年数を超えて融資をしてくれる金融機関があるということを知ったうえで、マンション投資を行っていけば、資産形成のスピードも飛躍的に上がります。もしも、投資用マンションをローンを組んで購入しようとしているのであれば、借入期間にこだわってみるとよいです。